国際情報ビジネス専門学校HOME > 学科コース > 情報処理学科


情報処理学科

無理なく国家試験を取得。国家試験合格者はこんなにすごい!!

コンピュータ系の将来の希望と問われてプログラマやSEと答える人は多いのですが、システム管理者とすぐにいえる人はほとんどいません。何かを作る仕事ではなく、完成したシステムを管理するのであまり目立つことのない縁の下の力持ち的なポジションだからです。ただし、作ったシステムは誰かが管理しないといけないわけですから、システムの数だけ管理者は必要になります。確かに需要はたくさんあるのに一般にはあまり知られていません。当然このような仕事の勉強もきちんと0から学べます。

3つのポイント

コース紹介

システム開発コース 2年制/男・女

「パソコンが好き」が国家試験合格への原動力

目標とする検定 ●基本情報技術者
●応用情報技術者
目指す職業 ●プログラマ
●システムエンジニア
主な就職先 ●(株)アンビシャス
●(株)ウエルストーン 他
ネットワークセキュリティコース 2年制/男・女

情報通信産業で力を発揮できるエンジニアになる

目標とする検定 ●基本情報技術者
●.comMaster ADVANCE
目指す職業 ●ネットワークエンジニア
主な就職先 ●(株)日本プーレスメントセンター
●(株)NTT-ME 他
システム運用コース 2年制/男・女

クラウド社会にも対応できる運用エンジニアを目指す

目標とする検定 ●基本情報技術者
●応用情報技術者
目指す職業 ●システム運用エンジニア
主な就職先 ●ナビオコンピュータ(株)
●(株)エクシィ 他
アドバンストコース 3年制/男・女

情報処理で主流のコンピュータ言語をマスター

目標とする検定 ●情報セキュリティスペシャリスト
●Oracle認定JavaSE7/8
目指す職業 ●システムアナリスト
●システムエンジニア
主な就職先 ●(株)アライブシステム
●(株)クリエイティブリソースインヌティチュート 他
アルティメット(高度専門士)コース 4年制/男・女

新しい情報システムを作る技術者になる

目標とする検定 ●ネットワークスペシャリスト
●LPIC
目指す職業 ●プロジェクトマネージャー
●システムエンジニア
主な就職先 ●横須賀ソフトウェア(株)
●関越ソフトウェア(株) 他
資格実績をチェック
就職実績をチェック

カリキュラム

情報セキュリティ

ITへの依存に必要不可欠な情報セキュリティについて基礎から学びます。

C言語実習

プログラマ人口が多い手続き型言語であるC言語で学んでいきます。

Java実習

携帯機器やサーバで活用のオブジェクト指向プログラミングを学びます。

ネットワーク

セキュリティからサービスの利用とその知識、法律の基礎を学びます。

テクノロジー※1

コンピュータの歴史から、システム、技術について基礎理論を学びます。

ストラテジー※2

企業や組織などのコンピュータを使った経営についてしっかり学びます。

マネジメント※3

システム開発にコストパフォーマンスを最適化する手法を学びます。

ソフトウェア製作

学んできた知識と技術を駆使して、1本のソフトウェアを作り上げます。

国家試験対策

高度区分の対策をゼミ形式、講義形式で全員合格に向け勉強していきます。

サーバ構築

CentOSやFedoraをインストールして安定した最新型のサーバを作ります。

LPIC対策

合格すればLinux技術者とみなされるLPIC試験の理論を中心に学びます。

ハードウェア実習

ワークステーションを部品から組み立てていきます。機械にも強くなります。

データーベース

企業の情報を運営管理するAccessというソフトを使って考え方を学びます。

アルゴリズム

コンピュータに仕事をさせるための効率的な手順を基礎から学びます。

システム開発設計

SEの仕事であるシステム開発の導入部分の学習を最新の手法で学びます。

就職実務

ビジネスマナーやコミュニケーションなど、活躍するための知識を学びます。

※1~ 3は国家試験対策としてカリキュラムに組み込まれ、この授業を受け修了試験に合格することで基本情報技術者の午前試験が免除されます。

オープンキャンパスオープンキャンパス



このページの先頭へ戻る