ドローン、フライト準備中!

本校内でドローンの目撃情報が相次いでおります。
しかも、目撃者の証言によると、付近には誰もおらずドローンが勝手に動いている、との事。
一体何事かと調査を進めたところ、情報処理学科の上野先生の仕業と発覚しました。

なんと上野先生、オリジナルのプログラムを作成し、動きを予約した上でドローンを自動飛行させていたのです。

そしてここで朗報! 7/29の体験入学で、実際にドローンの自動飛行プログラムを入力して飛ばす体験ができます!
ドローンがあなたを待っている!

ツインテールなのに魔女ハット

体験入学に早く着いた参加者にデジタルクリエイター学科のmiho先生がホワイトボードにマスコットキャラクターを手書きで描いてくれました。
みんなのアイデアも盛りだくさんの設定で完成した少女の名前はリリーちゃん。
かわいいけれど、ちょこっと魔女っ子のリリーちゃんには、ホームページで学校や学生をどんどん紹介してもらう企画があります。
ご期待ください。

海上自衛隊護衛艦「いずも」乗船体験!

横浜の開港を記念したイベントにて、海上自衛隊が保有するヘリコプター搭載護衛艦「いずも」が6月3日に一般公開されました。
普段は日々の訓練業務に使用されていますが、今回は特別に民間人が乗船することができ、関東11県から数百名の参加がありました。
もちろん、本校の公務員科の学生・教員も参加!

「いずも」は全長248m、約470人を収容することができます。
横浜を出発し、横須賀に向かいます。
かなりの速さが出ているようですが、船が大きいため揺れはほとんど感じません。

乗船中は、隊員の皆さんが丁寧に案内してくれ、質問にも答えてくれます。

日本は国土面積が狭く、資源や食糧の多くを海外の市場に頼っており、だからこそ海洋の安全確保がとても重要な任務になってきます。海上自衛隊の仕事内容にも触れることができ、とても貴重な体験をすることができました。

 

「裁判員制度」を学ぶ

「裁判員制度」、皆さんはご存知ですか?
我々が刑事裁判に参加して裁判官と一緒に判決内容を決める、今から9年前に日本にも導入された制度です。
できるだけ多くの市民にこの制度を知ってもらうため、宇都宮地方裁判所が毎年模擬裁判を実施しており、公務員法律学科の学生が参加しています。

「メディアは容疑者逮捕までしか報道しないが、そこから長い時間をかけて大事な作業に入る。公平な気持ちを忘れず、あらゆる角度から事件を吟味しなければならない。」という裁判官の言葉が印象的でした。

その日の夕刻に、取材に来ていたとちぎテレビの取材を受けた学生のインタビュー映像が流れました!