こども学科2年生、3年生の実習が始まりました

今年もこども学科2年生、3年生の実習が始まりました。

2年生は、緊張にながらも、かわいいエプロンや名札を作って初めての本実習へ出発!

3年生は、責任実習もありますが、実習前に行った「しらゆり幼児園」での校外学習を思い出して頑張ってね(*^_^*)/~



車椅子のお手入れをしました。

福祉総合学科では「気持ちのいい車椅子管理」として、日頃から実技演習で使用している車椅子のお手入れをしました。

介護の現場では、施設のスタッフがお手入れをすることは珍しいことではありません。

ただ単に、汚れを落とす・綺麗に磨くだけではなく、手入れは車椅子の不具合や故障などの発見にもつながります。
安全に気持ちよく使っていただくために、日頃からお手入れをすることは大切なことです。



車椅子のお手入れ方法まで学べるのは、福祉を幅広く学習できる福祉総合学科ならではですね。

奉仕活動を実施しました。

奉仕活動

福祉生きがい学科・福祉総合学科では定期的に福祉活動を行っています。

今週は学校から東武宇都宮駅方面へ環境美化活動に行ってきました。

過ごしやすい季節とはいえ少し暑かったようでややお疲れ気味の学生たち・・・

かと思いきや、休憩で立ち寄った公園では先輩・後輩で仲良く談笑していました。

机に座っての学習も大切ですが、こうした活動も福祉を志す学生として大切な学びの一つと思います。

こども学科の実技講習会が行われました。

先日、あのバルンパフォーマーのみなみ先生による実技講習会が行われました。

1部ではバルンアートで動物をつくってのサーカスショーで大盛り上がりでした。

その後の2部では、実際にバルーンを使いバルーンアート教室!!

はじめは、風船が割れないか恐る恐るねじっていましたが、みなみ先生にご指導いただき最後にはかわいいバルーンアートがたくさんできあがりました。