学費

納入スケジュール

入学金 100,000円(全学科) 合格書類で指定した期日(合格発表通知の到着から概ね7日以内)までに、指定の振込用紙を用いてお振り込みください。
また併願入学者は届け出た大学◦短大等の最終合格発表日より1週間以内にお振り込みください。

学費分納システムW

国際情報ビジネス専門学校

募集学科 ①-年間授業料 ②-年間施設費 ①+② 学費合計 初回納入3月15日 2回目納入8月23日
デジタルクリエイター学科 600,000 270,000 870,000 435,000 435,000
eスポーツ学科 600,000 270,000 870,000 435,000 435,000
モバイルアプリクリエイター学科 600,000 270,000 870,000 435,000 435,000
情報処理学科 600,000 270,000 870,000 435,000 435,000
総合ビジネス学科 600,000 270,000 870,000 435,000 435,000
トラベルホテル学科 600,000 220,000 820,000 410,000 410,000
国際ITビジネス学科 600,000 230,000 830,000 415,000 415,000
公務員総合学科 600,000 240,000 840,000 420,000 420,000
公務員(1年)学科 600,000 240,000 840,000 420,000 420,000

国際看護介護保育専門学校

募集学科 ①-年間授業料 ②-年間施設費 ①+② 学費合計 初回納入3月15日 2回目納入8月23日
看護学科 600,000 230,000 830,000 415,000 415,000
医療事務学科 600,000 230,000 830,000 415,000 415,000
介護福祉学科 600,000 250,000 850,000 425,000 425,000
福祉総合学科 600,000 220,000 820,000 410,000 410,000
こども学科 600,000 230,000 830,000 415,000 415,000
こども保育学科 600,000 230,000 830,000 415,000 415,000

●1年間の学費を2回に分けての納入となります。(一括納入も可能です。)
●3月中旬以降の選考による入学許可者については別途、振込日を指定します。
※学費納入後、やむを得ない理由で入学を辞退する場合は、3月31日までにお申し出くだされば、納入金のうち入学金以外を返還します。

主な他の諸経費

補助活動費
教科書、教材、ユニフォーム、行事、検定、学生保険、証明書、健康診断、上履きなど120,000円~30,000円程※ 【指定口座へ銀行振込】
行事費や検定などを実施する毎に徴収することはありません(個人申込の検定は除きます)。 トラベルホテル学科では、カリキュラムで実施される海外研修費用も含まれています。卒業パーティー、卒業アルバム、同窓会の費用も含まれます。
※納入金額は学科やコース、年度により異なります。詳しくは入学相談室までお問い合わせください。
海外研修旅行積立金
イギリス、フランス、アメリカ、オーストラリアなど(年度により異なります) 5月より毎月通常15,000円 【口座引落】
現金購入費
なし
短期大学併修費
(こども・こども保育学科のみ)
本校は併修教育校のため、通信教育と比較し、スクーリング費等で費用が軽減できます。
学費合計費用のうち、 本校が奨学金として3年間270,000円(こども保育学科は2年間140,000円)を負担します。
ただし、著しく出席状況や成績が良くない場合は、奨学金の継続審査の対象となります。

こども学科

選考料 入学金 授業料 資格取得料 補助教材費 学友会費 合計 ※奨学金 納入
1年次 8,000円 30,000円 110,000円 20,000円 5,000円 1,000円 174,000円 -110,000円 64,000円
2年次 110,000円 5,000円 1,000円 116,000円 -110,000円 6,000円
3年次 50,000円 5,000円 1,000円 56,000円 -50,000円 6,000円

こども保育学科

選考料 入学金 授業料 資格取得料 補助教材費 学友会費 合計 ※奨学金 納入
1年次 8,000円 30,000円 110,000円 10,000円 5,000円 1,000円 164,000円 -70,000円 94,000円
2年次 110,000円 5,000円 1,000円 116,000円 -70,000円 46,000円

※上記はあくまで現行のものであり、短期大学による金額の改定が行われる場合があります。