【看護学科】最新機器のハイブリッドシミュレータ導入

コロナ禍の中、実習が臨床に行けない状況であるため、今年度から多職種連携ハイブリッドシミュレータシナリオを導入しました。
栃木県内ではこのシミュレータを持っているのはおそらく、当校が初めてなのではないかと思われます。

3年生の成人看護学実習Ⅱにおいては、臨床では急性期の患者さんを持つことになりますが、特に手術後の患者さんを受け持つことはむずかしいのが現状です。
実際の臨床状況の理解や対応が重要な場面を再現できるこのシミュレータで、現場につながる学習ができます。

その他、起こりうる様々な状況が設定でき、実践能力向上にとても役立つハイレベルな教育が受けられます。
皆さんも是非見に来てください。